コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福来友吉 ふくらい ともきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福来友吉 ふくらい-ともきち

1869-1952 明治-昭和時代の心理学者。
明治2年11月3日生まれ。43年から透視,念写の実験をかさね,心霊現象研究にかたむく。大正2年母校東京帝大の助教授休職処分となり,のち辞職。高野山大教授をへて昭和4年大日本心霊研究所を設立した。昭和27年3月13日死去。82歳。飛騨(ひだ)(岐阜県)出身。著作に「心霊と神秘世界」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふくらいともきち【福来友吉】

1869‐1952(明治2‐昭和27)
日本の超心理学のパイオニア的存在。岐阜県高山市に生まれ,1899年東京帝国大学卒業後,同大学でW.ジェームズを中心に心理学を講ずる。催眠の研究を続けるが,1910年透視の存在を知り,御船(みふね)千鶴子(1886‐1911)を対象に透視の研究を開始。同年11月長尾郁子(1871‐1911)の透視能力を研究中,透視目標にした未現像の写真乾板カブリが見られ,そのことから念写(心霊写真)の可能性を推定,翌12月長尾を対象に最初の念写実験を行い,センセーションをまきおこした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福来友吉
ふくらいともきち
(1869―1952)

心理学者。岐阜県生まれ。東京帝国大学に学び文学博士。日本における催眠・超心理学の先駆者。東京帝大助教授のとき、1910年(明治43)から御船千鶴子(みふねちづこ)(1886―1911)らについて透視・念写の実験的研究を始め、1913年(大正2)『透視と念写』を著し、それらが事実であると発表した。しかし、大学での研究に適さないとの理由で休職を命じられ、引き続き退職、のち、心霊研究を進めるとともに宣真(せんしん)高等女学校校長、高野山(こうやさん)大学教授を歴任、仙台で死去。死後同地に「福来心理学研究所」が設立された。著書に『心理学精義』『催眠心理学』『Clairvoyance and Thoughtography』『心霊と神秘世界』などがある。[大谷宗司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の福来友吉の言及

【心霊学】より

…迷信の打破を目的とし,心霊現象自体の研究をめざすものではなかったが,科学的な調査を行ったという点で評価に値する。1910年,同じく東京帝国大学の心理学助教授福来(ふくらい)友吉は,催眠の研究から透視研究へと入り,その経過の中で〈念写〉という現象を欧米の心霊研究とは独立に発見している。念写研究で福来のとった研究態度は,欧米の心霊研究のそれと比較して遜色のないほど科学的に厳密なものであったが,反対論者を納得させるには至らなかった。…

【心霊写真】より

…1861年アメリカのマムラーWilliam Mumlerが死んだ親族の姿を偶然に写したのが最初といわれる。近縁の現象に,福来友吉が1910年に発見した念写thoughtographyがある。これは,心で念じた像を直接写真乾板に感光させるものである。…

※「福来友吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

福来友吉の関連キーワード透視(超心理学)昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android