私営田(読み)シエイデン

世界大百科事典 第2版の解説

平安時代,在地豪族らが大規模に経営した田をいう。797年(延暦16)の太政官符は,親王および王臣家の荘園の経営に当たっている荘長が私田()を営むことを禁じた。しかし,ここにいう私田すなわち私営田の経営は富豪層による直営地経営であって,耕作者に種子()と農料(功料と食料)を支給し,営料(種子,農料)を除いた全収穫を経営者が収納するものであった。9世紀半ばごろ,前豊後介正六位上中井王は,国司解任の後も豊後国に住んで日田郡に私宅を置き,諸郡に私営田を設置し,また私出挙(しすいこ)を行って百姓収奪したという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平安時代の初・中期、地方民間において直営方式で経営された田地。私佃(しでん)ともいう。公営田(くえいでん)に対する。経営主が稲穀等の元本を準備し、集めた農人らにこれを功食(こうじき)料として与え、用水などの費用を支出して耕作させ、秋にその全収穫を経営主が収納する方式をとった。農人を確保するため魚酒等を給与することもあった。私営田の経営は、その周辺にはるかに大規模な小作経営の地子田(じしでん)を伴い、それとの結合のうえに成り立っており、同時に経営主が行った高利貸付の私出挙(しすいこ)が、その経営の維持拡大と農民支配を支えていた。在地豪族はこのような私営田経営を中核として所領を形成し、中世領主に発展した。中世の領主佃は私営田の後身である。

[戸田芳実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版の解説

古代,国家の経営する公営田 (くえいでん) (官田など)に対して在地有力者層が私費で経営する田地
その経営者を私営田領主といい,8世紀末ごろから彼らは古代家族的な家内奴労働力だけでなく,近在の班田農民をも隷属させて大規模な直接経営を行った。11世紀ごろ,田堵 (たと) ・名主 (みようしゆ) 層の成長とともに没落

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android