コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地発 じおこし

世界大百科事典 第2版の解説

じおこし【地発】

地興,地起とも書く。売却地,質入れ地など,本来の持主(本主)のもとから他へ所有が移転した土地を本主が取り戻す行為。この言葉は,15~16世紀,大和・伊勢地方を中心に,山城・尾張・遠江地方などの土地売買契約状(売券)に主としてあらわれる。一般的には,売券の特別契約として付記された徳政文言のなかに,〈徳政・地発〉と併記されているが,徳政令とまったく無関係に,地発があってもこの土地を取り戻さないという契約文言もみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

地発の関連キーワードホラント・アニメーション映画祭千葉県八千代市八千代台西クラフトビアムーンライトパッションフルーツラガーハーブエールレモングラスヘリオスクラフトビールドリームオアリアルドア天使の雫 ナイヤガラ石狩徳光珈琲ラガーとかち晴れのきもちはまなすDRAFTペールエール枇杷茶スタウトエール黒糖kaede 「楓」じゃがDRAFTベルギーホワイトヒーリングタイムサンクトガーレンチョコレート独歩マスカットピルス

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地発の関連情報