コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稽古談 けいこだん

3件 の用語解説(稽古談の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稽古談
けいこだん

海保青陵著。5巻。文化 10 (1813) 年成立。重商主義的な経世論で,青陵の経済思想集大成的な著述である。『日本経済叢書』などに所収。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいこだん【稽古談】

江戸中期の経世家海保青陵の経世論を集大成した書。全5巻。1813年(文化10)京都で完成。彼の思想の進歩性を評価される〈物を売て物を買は世界の理なり〉とする売買天理論,〈古へより君臣は市道なりといふなり……君は臣をかい,臣は君へうりて,うりかいなり〉という君臣市道論,興利肯定論をはじめ藩専売制ほかの経済政策自叙伝を含む,青陵の代表的な著述。《日本思想大系》所収。【塚谷 晃弘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稽古談
けいこだん

江戸後期の経世家海保青陵(かいほせいりょう)の著作。5巻。1813年(文化10)に成る。青陵の多くの経済論のうちでもっとも長編で、彼の経世思想が網羅されている。近世でもっとも徹底した経済合理主義の立場から、特異な経世思想が軽妙な語り口で展開されている。内容は、(1)富国こそが現実の急務の課題であるとの認識のもとに、(2)藩単位の重商主義政策が打ち出され、(3)その思想的裏づけとして営利追求の正当性が「天理」の概念のもとに積極的に意義づけられ、(4)この観点にたって当時の商業蔑視(べっし)の風潮に対する大胆な批判が加えられ、(5)とりわけ武士階級が賤商(せんしょう)意識を脱却して功利的主体としての自覚を喚起すべきことが説かれている。これらの経世思想は太宰春台(だざいしゅんだい)のそれを継承し、さらに発展させたものといえるが、春台にみられるような儒教的権威へのこだわりはなく、自由闊達(かったつ)に議論が展開されている。[小島康敬]
『蔵並省自校注「稽古談」(『日本思想大系44』所収・1970・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

稽古談の関連キーワードペグマタイトドゥーフ運営費交付金川尻浦の久蔵名古屋港蒲生君平浮世床浮世風呂蒲生君平ギニー

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone