コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穿つ ウガツ

2件 の用語解説(穿つの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うが・つ【×穿つ】

[動タ五(四)]《上代は「うかつ」》
穴をあける。掘る。また、突き通す。貫く。「雨垂れが石を―・つ」「トンネルを―・つ」
押し分けて進む。通り抜けて行く。
「石は灌木の間を―・って崖の下へ墜(お)ちた」〈鴎外青年
人情の機微に巧みに触れる。物事の本質をうまく的確に言い表す。「―・った見方」「彼の指摘は真相を―・っている」
袴(はかま)・履物などを身に着ける。履く。
「夏といえども其片足に足袋を―・ちたり」〈子規・墨汁一滴〉
新奇で凝ったことをする。
「紋も模様も大きに―・ち過ぎて賤しき場もありしが」〈洒・浪花今八卦〉
[補説]3について、文化庁が発表した平成23年度「国語に関する世論調査」では、「うがった見方をする」を、本来の意味とされる「物事の本質を捉えた見方をする」で使う人が26.4パーセント、本来の意味ではない「疑って掛かるような見方をする」で使う人が48.2パーセントという逆転した結果が出ている。
[可能]うがてる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うがつ【穿つ】

( 動五[四] )
〔上代は「うかつ」〕
穴をあける。貫き通す。 「岩を-・って道を通す」 「石をも-・つ信念」
事の裏面の事情を詮索する。人情の機微などをとらえる。 「 - ・った見方をする」 「 - ・ったことを言う」
はかま・履物などを身につける。はく。 「小倉の袴の…を-・ち/当世書生気質 逍遥
普通の人とは違った、新奇で凝ったことをする。 「紋ももやうも大きに-・ち過ぎて/洒落本・浪花今八卦」 〔「うぐ」の他動詞〕
[可能] うがてる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

穿つの関連キーワード泡立つ筋立つ急き立つ建つ爪立つ煮立つ役立つ言勝つ皺立つ競勝つ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

穿つの関連情報