コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穿つ ウガツ

デジタル大辞泉の解説

うが・つ【×穿つ】

[動タ五(四)]《上代は「うかつ」》
穴をあける。掘る。また、突き通す。貫く。「雨垂れが石を―・つ」「トンネルを―・つ」
押し分けて進む。通り抜けて行く。
「石は灌木の間を―・って崖の下へ墜(お)ちた」〈鴎外青年
人情の機微に巧みに触れる。物事の本質をうまく的確に言い表す。「―・った見方」「彼の指摘は真相を―・っている」
袴(はかま)・履物などを身に着ける。履く。
「夏といえども其片足に足袋を―・ちたり」〈子規・墨汁一滴〉
新奇で凝ったことをする。
「紋も模様も大きに―・ち過ぎて賤しき場もありしが」〈洒・浪花今八卦〉
[補説]3について、文化庁が発表した平成23年度「国語に関する世論調査」では、「うがった見方をする」を、本来の意味とされる「物事の本質を捉えた見方をする」で使う人が26.4パーセント、本来の意味ではない「疑って掛かるような見方をする」で使う人が48.2パーセントという逆転した結果が出ている。
[可能]うがてる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うがつ【穿つ】

( 動五[四] )
〔上代は「うかつ」〕
穴をあける。貫き通す。 「岩を-・って道を通す」 「石をも-・つ信念」
事の裏面の事情を詮索する。人情の機微などをとらえる。 「 - ・った見方をする」 「 - ・ったことを言う」
はかま・履物などを身につける。はく。 「小倉の袴の…を-・ち/当世書生気質 逍遥
普通の人とは違った、新奇で凝ったことをする。 「紋ももやうも大きに-・ち過ぎて/洒落本・浪花今八卦」 〔「うぐ」の他動詞〕
[可能] うがてる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

穿つの関連キーワード渇に臨みて井を穿つ雨垂れ石を穿つうがち雪代水穴・孔雨垂れ幽林涓滴補説

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

穿つの関連情報