竹本 長門太夫(4代目)(読み)タケモト ナガトダユウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

竹本 長門太夫(4代目)
タケモト ナガトダユウ


職業
人形浄瑠璃太夫

本名
樋口 吉兵衛

別名
初名=竹本 登茂夫,前名=竹本 実太夫(4代目)

生年月日
文化11年

出生地
大坂(大阪府)

経歴
3代目竹本長門太夫の甥。天保9(1838)年3代目長門太夫の門人となり登茂太夫と名乗る。のち安政6(1859)年4代目実太夫を襲名。明治10年文楽座の紋下。16年4代目長門太夫を襲名した。一方故実家としても知られ、「増補浄瑠璃大系図」(全22巻)を著した。

没年月日
明治23年 10月23日 (1890年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android