コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第一帝政 だいいちていせいPremier Empire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第一帝政
だいいちていせい
Premier Empire

1804~14年におけるフランス皇帝ナポレオン1世の政治。その政体は 04年5月の「共和暦第十二年憲法」に定められた。帝政は,いまだ弱体なブルジョア階級に代り非常体制としての軍事独裁を創出し,その集権力をもって国内的には革命の成果を救済,対外的には特にイギリスに対する軍事的・経済的優位を確立して,そこに近代ブルジョア国家を構築しようとした。そのために土地資産家である名士層,行政官僚および軍人をその支柱とした。まず,民法典を制定して国内の法的統一を果し革命の成果を法制化した。また,中央,地方の官僚行政機構の整備,公共教育制度の確立など近代国家の骨組みをつくった。しかし革命における国民主権原則は否定され国権主義ナショナリズムへ向い征服戦争が展開された。大陸ではアウステルリッツ三帝会戦 (1805) ,ライン同盟結成 (06) ,ティルジット条約締結 (07) ,スペイン半島戦争を経過し大陸征服を実現した。しかし,イギリスに対する大陸封鎖令 (06) はやがて第一帝政をくつがえす原因となった。未熟なフランス経済はこの大陸体制を維持することができず,12年ロシア遠征の敗北を契機にヨーロッパ諸国に解放戦争が起り,13年 10月ライプチヒの戦いに敗れたナポレオンは,翌 14年4月退位,エルバ島に流され第一帝政は終った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいいち‐ていせい【第一帝政】

フランス最初の帝政。1804年にナポレオン1世が帝位についてから、1814年に退位するまで。百日天下の期間を含むこともある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

第一帝政【だいいちていせい】

ナポレオン1世が帝位にあったフランス最初の帝政。1804年ナポレオンの皇帝即位と執政政府倒壊から,1814年解放戦争に敗れて彼が退位するまでをさす。1815年の百日天下は国際的承認が得られなかったため含まないのがふつう。
→関連項目フランス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいいちていせい【第一帝政】

1804‐14年にフランスのナポレオン1世が支配した帝国。国際的に承認されなかったため百日天下(1815年3~6月)の時期はここに加えない習慣である。
[成立事情]
 テルミドール9日クーデタ以後,政治の主導権を握った共和派ブルジョアは社会的安政を志向し,総裁政府は均衡政策をもってこの社会的志向にこたえようとしたが,反革命的王党派とブルジョア,民衆を基盤とする共和派の対立に悩み,総裁政府の中心になる政治家はナポレオンの武力をもって1799年11月,ブリュメール18日のクーデタを遂行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいいちていせい【第一帝政】

第一共和制の後、ナポレオン一世が行なったフランスの帝政。1804年からナポレオン一世が同盟諸国と休戦してエルバ島に隠退する1814年までの十年間にあたる。また、15年、エルバ島を脱出して再び政権を握る百日天下を含む見方もある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

第一帝政
だいいちていせい

第一帝制とも書く。フランスの、1804年5月から14年3月までのナポレオン1世の皇帝政治。あるいは、百日天下を加え、15年6月まで、とする見方もある。ナポレオンは1799年11月、クーデターにより政権を握って以来、フランス革命遺産相続人として、内に民法典を編纂(へんさん)し、外に自由、平等の旗を翻し、解放戦争の名による外征を強行した。第一帝政10年間は、まさに彼の軍事的天才の縦横に発揮された、フランスの栄光の世紀ということもできる。ロマン派の文学者ミュッセは次のように第一帝政時代の世界風景を伝えている。「このとき、ヨーロッパにはただ1人の人間だけが生きていた。残りの人たちは、彼の呼吸する空気で肺臓を満たしていた」。[金澤 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の第一帝政の言及

【第二帝政】より

…フランスの第二共和政のあと1852年12月ナポレオン3世の即位から70年9月普仏戦争の敗北による崩壊まで続いた政治体制で,ナポレオン1世の第一帝政(1804‐14)に対していう。
[政治]
 第二共和政の大統領であったルイ・ナポレオンは,1851年12月2日クーデタによって議会を解散し,52年12月2日皇帝ナポレオン3世となり,ここに第二帝政が成立する。…

※「第一帝政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

第一帝政の関連キーワード文化岩井半四郎奈破崙天竺徳兵衛プチャーチンギャンジャセルビア蜂起チャオ・アヌドーミエナポレオン戦争

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

第一帝政の関連情報