第一生命保険[相互会社](読み)だいいちせいめいほけん

百科事典マイペディアの解説

第一生命保険[相互会社]【だいいちせいめいほけん】

独立系の生命保険会社。日本生命保険に次ぎ業界2位。1902年農商務省の初代保険課長を退官した矢野恒太〔1865-1951〕が,第一生命保険を設立。100年の歴史を持つ日本初の相互会社組織の生命保険会社として知られる。第1次大戦後,大きく業績を伸ばし,1920年代に五大生保,1930年代に業界2位の地位を確かなものした。終戦後,本社社屋がGHQに接収されるが,順調に業容を拡大。ATM(現金自動預入支払機)の充実に力を注ぎ,設置台数は業界最高水準を誇る。1996年に改正施行された保険業法と1998年に施行された金融システム改革法に対応して1998年日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)と全面業務提携。2000年には安田火災海上保険(現損保ジャパン)と包括業務提携を結び,さらにアメリカンファミリー生命保険とも業務提携し,事業環境変化に取り組む積極的な経営を示している。本社東京。2003年9月中間総資産32兆2978億円,2011年3月期保険料等収入3兆3124億円。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいいちせいめいほけん【第一生命保険[相互会社]】

日本生命保険に次ぐ業界第2位の生命保険会社。1902年,矢野恒太(1865‐1951)により日本で最初の相互組織の生命保険会社として設立された。矢野は若いときから非営利・会員組織の相互主義による生命保険会社の必要性を唱え,保険業法(1900公布)の起草に参画し,みずから同法の理念に基づき会社を設立した。保険業法の施行後,生命保険事業への理解が深まり,大正末ごろには,同社は後発ながら五大生命保険会社の一つに数えられるまでに成長した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android