コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋子 すじこ

5件 の用語解説(筋子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筋子
すじこ

さけ,ますなどの腹子の塩蔵品をいう。皮膜におおわれたままの腹子を筋子,分離した卵粒をイクラと呼ぶ。筋子の製造には散塩漬と塩水漬の2つの方法がとられており,前者は腹子にその重さの約 12%の食塩をふり,1週間ぐらい塩蔵してからさらに3%の食塩を加える。後者は飽和食塩水に短時間漬けて水を切り,さらに3%の食塩を加えたもので,最近ではこの方法がおもに行われている。製品の食塩含量は7%程度が適当で,食塩含量が低いと製品の質が軟らかで腐りやすく,また,食塩含量が高いと硬くなって味が落ちるといわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

筋子【すじこ】

サケ,マスの卵巣の塩蔵品。卵巣膜に包まれたまま塩漬にする。卵粒を分離したものをイクラという。弾力性があり,朱色で大粒のものが良品。ビタミンAに富み,栄養価が高い。
→関連項目サケ(鮭)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

筋子の関連情報