コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管鮑の交わり カンポウノマジワリ

3件 の用語解説(管鮑の交わりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんぽう‐の‐まじわり〔クワンパウ‐まじはり〕【管×鮑の交わり】

《中国、春秋時代管仲(かんちゅう)鮑叔牙(ほうしゅくが)が変わらぬ友情を持ち続けたという「列子」力命や「史記」管晏列伝の故事から》非常に仲のよい友人づきあい。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

管鮑の交わり
かんぽうのまじわり

管仲(かんちゅう)と鮑叔牙(ほうしゅくが)の交わりの意で、深い友情のたとえ。管仲と鮑叔はともに中国春秋時代の斉(せい)の人で、非常に仲がよかった。若いとき共同出資で商売をし、利益を管仲が余分にとったが、鮑叔は「あれは家が貧しいから」といって非難しなかった。またともに戦いに赴き、管仲は三度まで逃げ帰ったが、鮑叔は管仲を卑怯(ひきょう)者とみなさず、「彼には老母があるからだ」といったと伝える、『史記』「管晏(かんあん)列伝」の故事による。『列子』「力命篇(へん)」には、鮑叔が管仲をよく理解し、その行為について、いついかなる場合にも怒ることのなかったことを、管仲が深く感謝して「私を生んだのは父母であるが、私を知っているのは鮑叔だ」といったと伝える。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone