コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

築城[町] ついき

世界大百科事典 第2版の解説

ついき【築城[町]】

福岡県北東部,築上郡の町。人口1万0316(1995)。北は行橋市に接する。英彦(ひこ)山から山脚が北にのび,その間を北流する城井(きい)川沿いに細長い谷底平野があり,下流にはやや広い扇状地平野が開ける。農業が主産業で,米作のほかレタス,イチゴなどの野菜栽培が行われ,山間部ではユズ,梨などの生産が盛ん。耶馬日田英彦山国定公園に属する南東端の求菩提(くぼて)山は修験道場として知られ,山麓の寒田(さわだ)には中世に宇都宮氏が拠った城井城跡がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

築城[町]の関連キーワード周防灘求菩提周防