コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米長邦雄 よねながくにお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米長邦雄
よねながくにお

[生]1943.6.10. 山梨,増穂
[没]2012.12.18. 東京
将棋棋士。1956年 6級で佐瀬勇次名誉 9段に入門。1963年 4段,1979年 9段。1973年度,第22期棋聖戦で初タイトル。1984年度棋聖,王将棋王,十段の 4冠王となる。1985年永世棋聖の称号を受けた。1993年中原誠名人を破り,史上最年長で名人位獲得。1994年通算 1000勝を達成して特別将棋栄誉賞を受ける。中・終盤の展開には定評があり,その粘り強い棋風は「泥沼流」とも呼ばれ,瓢々としたキャラクターと相まって人気も高かった。2003年に引退,2005年から日本将棋連盟会長を務めた。通算成績は 1904戦 1103勝 800敗 1持将棋。2003年紫綬褒章,2013年旭日小綬章を授与された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よねなが‐くにお〔‐くにを〕【米長邦雄】

[1943~2012]将棋棋士。山梨の生まれ。昭和48年(1973)の棋聖戦で初タイトルを奪うと、昭和59年(1984)には十段棋聖王将棋王の4冠を獲得。昭和60年(1985)通産5期目の棋聖となり、永世棋聖の資格を得た。平成5年(1993)には名人位を獲得。局面を複雑にして粘り強く戦う棋風は「泥沼流」と称された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

米長邦雄【よねながくにお】

将棋棋士。山梨県出身。中央大学中退。佐瀬勇次名誉9段門下。1963年にプロデビュー。1973年に初タイトルとなる棋聖を獲得し,1985年には十段・棋聖・王将・棋王の四冠に輝いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米長邦雄 よねなが-くにお

1943-2012 昭和後期-平成時代の将棋棋士。
昭和18年6月10日生まれ。昭和31年佐瀬勇次に入門。38年4段。48年棋聖戦で初タイトル。54年9段。59年に十段,棋聖,王将,棋王の四冠王となる。60年永世棋聖の資格をえる。平成5年7度目の挑戦で名人位を獲得し,タイトル獲得数は19。終盤のねじり合いにつよく,「泥沼流」と自称した。15年引退。17年日本将棋連盟会長。23年北陸先端科学技術大学院大の特任教授。平成24年12月18日死去。69歳。山梨県出身。中央大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

米長邦雄

将棋棋士。1943年6月10日、山梨県生まれ。56年、故・佐瀬勇次名誉九段に入門し、63年にプロ棋士となる。73年の棋聖戦で初タイトルを獲得し、84年には史上3人目の4冠(棋聖、十段、王将、棋王)を達成。85年に永世棋聖(棋聖のタイトルを通算で5期以上保持した棋士)の称号を受ける。93年、7度目の挑戦で名人戦に勝利し、49歳11カ月の最年長記録で名人位を獲得した。2003年に現役を引退。05年からは日本将棋連盟会長として将棋界の発展に寄与し、12年にはコンピューターの強豪ソフトと対局して話題を集めた。通算成績は1904戦で1103勝800敗、持将棋1。タイトル獲得数は歴代5位の計19期。終盤の劣勢になると難解な攻防に持ち込んで逆転を狙う棋風は「泥沼流」と称された。著書多数。

(2012-12-19)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

米長邦雄の関連キーワード将棋日本シリーズ JTプロ公式戦富士通杯達人戦将棋電王戦林葉直子羽生善治竜王戦電王戦

米長邦雄の関連情報