神気(読み)しんき

精選版 日本国語大辞典「神気」の解説

しん‐き【神気】

〘名〙
万物を組成する元素。〔礼記‐孔子間居〕
② 不思議な雲気。霊気。〔史記‐封禅書〕
③ すぐれた趣。〔図絵宝鑑‐三〕
④ 心身の力。気力活力
※史記抄(1477)一四「神気が争てあるへ邪気が入たほどに、年少の身ではとりなをしがたいぞ。さるほどに死なれたぞ」
精神。たましい。心の働き。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)四「神気に聰明なる処を忘してのくべし」 〔南史‐蔡興宗伝〕

かみ‐け【神気】

〘名〙 (「かみげ」とも) 神がついたようす。神がかりの状態。
謡曲・歌占(1432頃)「この謡ひを謡ひ候へば、すこし神気になり候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「神気」の解説

【神気】しんき

ふしぎな力。〔礼記、孔子間居〕地はを載す。氣は風霆(ふうてい)なり。風霆形を(し)き、庶物露生す。へに非ざる無きなり。躬(み)に在れば、氣志の如し。

字通「神」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android