コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糞線虫症(読み)ふんせんちゅうしょう(英語表記)Strongyloidiosis

家庭医学館の解説

ふんせんちゅうしょう【糞線虫症 Strongyloidiosis】

[どんな病気か]
 高温多湿地域に多くみられます。糞線虫幼虫が皮膚から侵入して感染することが多いのですが、食物などと一緒に虫卵(ちゅうらん)を摂取して感染することもあります。
 下痢(げり)、粘血便(ねんけつべん)、腹痛などの消化器症状のほか、貧血(ひんけつ)やむくみ、全身の衰弱がひどくなることがあります。
[検査と診断]
 糞便(ふんべん)中の幼虫や虫卵を検出して診断しますが、重症の場合には、たんや尿から幼虫が見つかることがあります。
[治療]
 体内で増えますから、早めに治療する必要があります。アルベンダゾール、メベンダゾール、チアベンダゾールのいずれかを3日間内服し、2週間休み、さらに3日間内服します。
 最近はイベルメクチンを1回内服し、2週後にもう1回服用することが行なわれています。副作用の問題がありますので、専門医に相談しましょう。
 予防のためには、流行地では素足で田畑に入らないことです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android