糸荷廻船(読み)いとにかいせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糸荷廻船
いとにかいせん

江戸時代の特権的輸送機関。長崎から輸入された生糸などの貨物を,大坂方面に輸送する免許を与えられた堺,大坂の船。 (→廻船 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

糸荷廻船【いとにかいせん】

近世,大坂・の特権的な船で,唐船やオランダ船により長崎に輸入された生糸(きいと)・絹物などの糸荷を上方(かみがた)に運ぶことを許されていた。堺の糸荷廻船は堺の商人にその所有が限られ,堺船とよばれた船には御用と記した船印か鎗を立てていた。急のため堺宿老(しゅくろう)の許可を得て,他船をもって運送する船は仮船(かりぶね)とよばれた。慶長年間(1596−1615)35艘の船株があったが,糸荷の輸入が減少するに伴って衰退し,18世紀後半には21艘となっている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

いとにかいせん【糸荷廻船】

江戸時代、長崎に輸入される生糸・絹織物・薬種などを専門に堺・大坂へ輸送した廻船。普通の弁財べざい船だが屋倉が長い点に特徴がある。堺商人が始めたため堺船ともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糸荷廻船
いとにかいせん

江戸時代に生糸をはじめ長崎輸入品を、独占的に堺(さかい)や大坂に積み登せた廻船。堺糸荷廻船、堺・大坂糸荷廻船ともいい、同じく長崎から陸送する場合は糸荷宰領(さいりょう)の仲間が独占した。糸荷廻船は、幕府が慶長(けいちょう)年間(1596~1615)に堺の35艘(そう)の船株を公認して始まったと伝えられているが、18世紀初めの定数は35艘。その後長崎貿易と堺の衰退により14艘にまで減ったが、1739年(元文4)から大坂商人が堺の船株を借りてこれに参加するようになり、水揚げは大坂中心に移っていった。
 陸送か廻船によるかは荷主(五か所本商人)の選択に任されたが、運賃は廻船が割安であった。隻数には増減があり、1775年(安永4)ごろは20艘、幕末開港期には11艘で、いずれも船株上では堺船であった。[中村 質]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android