コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀和[町] きわ

百科事典マイペディアの解説

紀和[町]【きわ】

三重県南部,南牟婁(みなみむろ)郡の旧町。熊野川支流北山川左岸の山地を占め,農林業を行い,米,山菜などを産する。銅,硫化鉱の紀州鉱山は1978年閉山。瀞峡(どろきょう)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きわ【紀和[町]】

三重県南端,南牟婁(みなみむろ)郡の町。人口1810(1995)。南と西は熊野川と支流北山川を境として和歌山・奈良両県に接する。町域の大部分紀伊山地に属する山地で,河川沿いのわずかな低地に集落がある。古くから鉱山が開発された地域で,当地の産金慶長小判桃山城日光東照宮造営に使われたという。昭和初期に一時採掘は中断されたが,1934年より石原産業が紀州鉱山として操業を再開し,第2次大戦中は銅,硫化鉄をおもに産出する鉱山として繁栄した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紀和[町]の関連情報