紀宝[町](読み)きほう

  • 紀宝

百科事典マイペディアの解説

三重県南端,熊野川下流左岸の南牟婁(みなみむろ)郡の町。山地木材,相野谷(のだに)川流域では米を産する。果樹栽培,畜産も行う。相野谷梅林がある。沿岸紀勢本線が通じ,瀞峡(どろきょう)観光の拠点。2006年1月南牟婁郡鵜殿村を編入し,町役場を旧鵜殿村役場とした。79.62km2。1万1896人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

三重県最南端,南牟婁(みなみむろ)郡の町。人口8123(1995)。南は,熊野川をに和歌山県新宮市に接し,東は,七里御浜と呼ばれる砂浜海岸熊野灘に臨む。町域の大部分紀伊山地に属する山々が占め,町の中央を南流する熊野川支流の相野谷川沿いに沖積低地が形成されている。基幹産業は農業で,谷底平野での米作と山腹斜面を利用したミカン栽培が盛ん。林業も行われ,杉,ヒノキの良材を産する。近年は新宮市への通勤者が増加し,宅地化が進んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android