コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紋別[市] もんべつ

2件 の用語解説(紋別[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

紋別[市]【もんべつ】

北海道北部,オホーツク海に面する市。1954年市制。江戸時代からの古い漁港で,1929年の港湾修築後水産都市に発展した。沖合漁業によるスケトウダラや,200カイリ漁業規制以来取り組んできたホタテガイ栽培漁業が成果を上げており,水産加工場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

もんべつ【紋別[市]】

北海道北東部,オホーツク海に面する市。1954年網走支庁紋別郡紋別町が渚滑(しよこつ)村,上渚滑村を合体,市制。人口3万0137(1995)。北見山地の北東斜面に位置し,海岸沿いの狭長な平野部にコムケ湖,シブノツナイ湖などの潟湖がある。市街地は弁天岬の南にある重要港湾紋別港を中心に展開する。1685年(貞享2)ころに松前藩宗谷場所の一部として漁場が開かれ,1808年(文化5)近江商人柏屋善兵衛が紋別場所の請負人となり,以後和人の定住者も増え,紋別郡一帯の中心地として発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

紋別[市]の関連キーワード網走川オホーツクオホーツク海気団オホーツク海高気圧オホーツク文化渚滑川能取岬網走紋別小清水

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone