コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素粒子模型 そりゅうしもけい elementary particle model

1件 の用語解説(素粒子模型の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そりゅうしもけい【素粒子模型 elementary particle model】

いわゆる素粒子といわれているものが多数発見されてくると,従来のそれ以上分割できない最小の粒子という考えよりも,これらがいくつかのより基本的な粒子から構成されている(すなわち内部構造をもつ)と考えるほうが現実的である。このような立場に立って素粒子の構成や構造を理解するためのモデル素粒子模型という。1950年代の終りから70年代半ばにかけて多数の素粒子が発見されたのに伴い,各種の模型が登場した。その内容はきわめて多種多様で,あるものは力学的な模型であり,またあるものは対称性に基づく分類のための模型であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

素粒子模型の関連キーワードスピン量子数対消滅バリオン陽子所謂幻氷プリザーブつなぎ融資サブグレイワッケヒッグズ粒子

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone