(読み)さく

精選版 日本国語大辞典「索」の解説

さく【索】

〘名〙
(なわ)縄索(じょうさく)。〔五国対照兵語字書(1881)〕 〔詩経‐豳風・七月〕
仏像の手に、ある意味を示すものとして持たせる縄。不動明王金剛索観音羂索(けんさく)などがある。さっく。
古今著聞集(1254)二「たけ三四尺計なる童子の〈左手に剣并索をもち、右手剣印をなす」
③ 不動明王の持つ索を彫った、刀身の彫刻

さっく【索】

〘名〙 「さく(索)」の変化した語。主に謡物(うたいもの)などの中でいう。さっくの縄。
謡曲・道成寺(1516頃)「中央に大日大聖不動、動くか動かぬか索(さっく)の、なまくさまんだばさらだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「索」の解説

さく【索】[漢字項目]

常用漢字] [音]サク(漢) [訓]もとめる
太い縄。つな。「索条鋼索縄索じょうさく
手づるによって探し求める。「索引検索思索詮索せんさく捜索探索模索
ばらばらに離れて無くなるさま。「索然索漠
[難読]索麺そうめん

さく【索】

縄。綱。ロープ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android