コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網役 あみやく

大辞林 第三版の解説

あみやく【網役】

江戸時代の小物成こものなりの一。漁労者から取り立てた税。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あみやく【網役】

江戸時代の漁業年貢のなかで,漁網に賦課されていたものをいう。実際の漁業年貢はかなり多種多様,複雑であり,各藩間の差異も大きかったとみられる。さらにその具体的基準について把握された業績がないので,その全貌についてはまだ明らかにされていないが,大別するとその課税対象は,(1)漁業者,(2)漁場,(3)漁船・漁具,(4)漁獲物などである。(4)のなかには分一(ぶいち)税も含まれていたが,その他は定額の小物成(こものなり),すなわち雑税であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

網役
あみやく

江戸時代、浜辺や川で漁業を行う漁師より徴収した役銭(やくせん)。網の種類、大小によって課税され、網の増減によってその額は増減した。また、同じ地域の同種の網でも、漁場の良否や領主の違いなどによって網役の額に差が生じた。このほか、網役額が一定し、漁獲の多少や網数の増減にかかわりなく、村内網主一同で負担する定式網役もある。網役の貢租(こうそ)形態は、現物納(漁獲魚、米)か貨幣納(金銀永銭)かであったが、現物納は江戸初期から中期にかけてみられ、中期以降は貨幣納が一般化した。[川鍋定男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の網役の言及

【漁業年貢】より

…納入形態は別にして,その年貢は商人請負漁業以外は,おおむね村民の連帯責任による浦請の形で納められ,課役の対象も地域を問わず,ほぼ漁場,漁具・船などの生産手段,漁獲物,漁業者に限られている。 課役の名称は藩,地域,漁業種類によって雑多であるが,大略列記すると,海高,水主役(役米・役銀),網代役,網役,池魚役,川役,海役,船役,御菜魚代,漁猟運上,分一役などがある。いずれも小物成,浮役,運上役,冥加役に分類できる。…

※「網役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone