コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繋がる ツナガル

デジタル大辞泉の解説

つなが・る【×繋がる】

[動ラ五(四)]
離れているものが結ばれて、ひと続きになる。「島と島とが橋で―・がる」「電話が―・る」「光回線が―・る」
つらなり続く。また、継続する。「車が一〇キロも―・っている」「この道は国道に―・っている」「首が―・る」
関係がある。結びつく。「事件に―・る遺留品」「努力が成功に―・る」
血筋が同じである。血縁関係がある。「血の―・った人」
ひかされる。ほだされる。「に―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

繋がるの関連キーワードIMF(International Monetary Fund)ブラック・マンデー(Black Monday)ギークハウス プロジェクトアヴィニョンの娘たちジェフ・バーグランドパーククローン市場暗黒星雲のかなたに基本的人間ニーズレーガノミックス無添加リフォーム立食パーティーアイリッシュ海インナーサッシカゴシマニギスムバラス油田ルーブル合意アウトレットマタキング島鳥取 春陽後白河天皇

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

繋がるの関連情報