繋がる(読み)ツナガル

デジタル大辞泉の解説

つなが・る【×繋がる】

[動ラ五(四)]
離れているものが結ばれて、ひと続きになる。「島と島とが橋で―・がる」「電話が―・る」「光回線が―・る」
つらなり続く。また、継続する。「車が一〇キロも―・っている」「この道は国道に―・っている」「首が―・る」
関係がある。結びつく。「事件に―・る遺留品」「努力が成功に―・る」
血筋が同じである。血縁関係がある。「血の―・った人」
ひかされる。ほだされる。「に―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

繋がるの関連情報