置目(規定・法律)(読み)おきめ

日本大百科全書(ニッポニカ)「置目(規定・法律)」の解説

置目(規定・法律)
おきめ

・法律の類を示す語で、制定過程および内容的には、(おきて)、掟書、定(さだめ)などとして作成されたものと、ほぼ同様である。『家忠日記増補』に「太閤(たいこう)置目」「御法度(はっと)の御置目」などとみえているように、中世末から近世にかけて為政者に称呼され、一方では同時期の惣村(そうそん)内部の相互規制・規定としても称呼された。転じて、仕置き、刑罰の意味をもつ。浄瑠璃(じょうるり)『大経師昔暦(だいきょうじむかしこよみ)』のうちに「急度(きっと)訴へておきめにする奴なれど」とみえる。

[久保田昌希]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android