コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美並[村] みなみ

世界大百科事典 第2版の解説

みなみ【美並[村]】

岐阜県中央部,郡上(ぐじよう)郡の村。人口5504(1995)。中央を長良川が南流し,川沿いに国道156号線と長良川鉄道が通じ,東海北陸自動車道美並インターチェンジがある。主集落の嵩田(たけだ)は奥美濃の入口に当たり,古くから交通の要地として発展し,郡上奥地で切り出された木材運搬のための長良川のいかだ下りも盛んであった。農業が主で,ナスとイチゴの栽培が盛ん。交通至便のため自動車部品工場が早くから進出,南隣の美濃市や関市への通勤者も多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android