大和(読み)やまと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大和(岐阜県)
やまと

岐阜県中西部、郡上郡(ぐじょうぐん)にあった旧町名(大和町(ちょう))。現在は郡上市の西部中央を占める一地域。1955年(昭和30)山田、弥富(やとみ)、西川の3村が合併して大和村となり、合併30周年を機に1985年町制施行。2004年(平成16)八幡(はちまん)、白鳥(しろとり)の2町、高鷲(たかす)、美並(みなみ)、明宝(めいほう)、和良(わら)の4村と合併し、市制施行して郡上市となる。旧大和町には、区域の中央を流れる長良(ながら)川沿いに長良川鉄道、国道156号が走る。東海北陸自動車道が通じ、ぎふ大和インターチェンジがある。農業地域は生活環境の整備が進められ、工業では製材・木工などの振興や電気機器その他の企業誘致が図られた。長良川の支流栗巣(くりす)川の谷には、14世紀以後220年続いた東(とう)氏の館跡の庭園があり、国指定名勝である。小間見(こまみ)川には、国指定の特別天然記念物オオサンショウウオが生息し、生息地も国の天然記念物に指定されている。[上島正徳]
『『大和村史』(1982・大和村) ▽『大和町史 通史編』上下(1984、1988・大和町) ▽『大和町史 史料編』(1988・大和町) ▽『大和町史 史料編続』上下3冊(1999~2004・大和町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大和の関連情報