コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美唄[市] びばい

百科事典マイペディアの解説

美唄[市]【びばい】

北海道中部の市。1950年市制。石狩川中流部左岸から空知山地の間を占め,函館本線道央自動車道が通じる。屯田兵により開かれた地で,石狩平野部で米を多産する。中心市街は周辺の農村後背地とし,商業,サービス業が発達。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

びばい【美唄[市]】

北海道中央部の市。1950年市制。人口3万3434(1995)。西部は石狩川東岸の石狩平野,東部は空知丘陵からなる。1891年から4年間にわたって400戸の屯田兵が入植して開拓の礎を築いた。第2次大戦後には泥炭地の改良も進められ,平野部には広大な水田地帯が開ける。現在も中心産業は農業で,米を主に小麦,アスパラガスなどを産する。東部の山地では,大正初期に三菱美唄炭鉱が開かれ,のち三井鉱山も進出し,石炭の町として急速に発展した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

美唄[市]の関連キーワード宮島沼

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android