美東(読み)みとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美東
みとう

山口県中西部,美祢市東部の旧町域。厚東川(ことうがわ)支流の大田川流域に位置する。1954年大田町と綾木村,真長田村,赤郷村の 3村が合体して美東町が発足。2008年美祢市,秋芳町と合体して美祢市となった。平地では米作のほかハクサイ,ゴボウなどを栽培し,大理石を特産する。秋吉台(国指定特別天然記念物)の東半部を占め,ドリーネポリエポノールなどの石灰岩地域特有の地形が発達。大正洞,景清穴(かげきよあな)の鍾乳洞は国の天然記念物に指定。真名ヶ岳,猪出台のドリーネ群は有名。一帯は秋吉台国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美東
みとう

山口県中西部、美祢(みね)郡にあった旧町名(美東町(ちょう))。現在は美祢市の東部地域の東半部を占める。厚東(ことう)川支流の大田川流域を占める内陸農村。旧美東町は1954年(昭和29)大田町と赤郷(あかごう)、綾木(あやぎ)、真長田(まながた)の3村が合併して成立。2008年(平成20)美祢市、秋芳(しゅうほう)町と合併して美祢市となる。国道435号、490号が通じる。カルスト台地の秋吉台(あきよしだい)の東端にある長登(ながのぼり)は古代銅山として知られ、近世には長登銅山村と称した。銀山や銅山が集中し、近年まで採掘された鉱山もある。町役場の置かれた大田は近世の船木(ふなき)街道の市場町、宿駅として発達。明治以降も郡役所が置かれた。ハクサイ、ゴボウの特産地で、クリやナシの果樹栽培が盛ん。大理石加工業も行われる。秋吉台国定公園の東半部を占め、国指定天然記念物の大正洞や景清(かげきよ)洞がある。[三浦 肇]
『『美東町史』(1974・美東町) ▽『美東町史』全2巻(2004・美東町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美東の関連情報