美東(読み)みとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山口県中西部,美祢市東部の旧町域。厚東川(ことうがわ)支流の大田川流域に位置する。1954年大田町と綾木村,真長田村,赤郷村の 3村が合体して美東町が発足。2008年美祢市,秋芳町と合体して美祢市となった。平地では米作のほかハクサイ,ゴボウなどを栽培し,大理石を特産する。秋吉台(国指定特別天然記念物)の東半部を占め,ドリーネポリエポノールなどの石灰岩地域特有の地形が発達。大正洞,景清穴(かげきよあな)の鍾乳洞は国の天然記念物に指定。真名ヶ岳,猪出台のドリーネ群は有名。一帯秋吉台国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山口県中西部、美祢郡(みねぐん)にあった旧町名(美東町(ちょう))。現在は美祢市の東部地域の東半部を占める。厚東(ことう)川支流の大田川流域を占める内陸農村。旧美東町は1954年(昭和29)大田町と赤郷(あかごう)、綾木(あやぎ)、真長田(まながた)の3村が合併して成立。2008年(平成20)美祢市、秋芳(しゅうほう)町と合併して美祢市となる。国道435号、490号が通じる。カルスト台地の秋吉台(あきよしだい)の東端にある長登(ながのぼり)は古代銅山として知られ、近世には長登銅山村と称した。銀山や銅山が集中し、近年まで採掘された鉱山もある。町役場の置かれた大田は近世の船木(ふなき)街道の市場町、宿駅として発達。明治以降も郡役所が置かれた。ハクサイ、ゴボウの特産地で、クリやナシの果樹栽培が盛ん。大理石加工業も行われる。秋吉台国定公園の東半部を占め、国指定天然記念物の大正洞や景清(かげきよ)洞がある。[三浦 肇]
『『美東町史』(1974・美東町) ▽『美東町史』全2巻(2004・美東町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美東の関連情報