羽生[市](読み)はにゅう

百科事典マイペディアの解説

羽生[市]【はにゅう】

埼玉県北東部の市。1954年市制。利根川南岸の沖積平野を占める。中心市街は中世末,一時城下町であったが,近世市場町として発達。秩父鉄道東武伊勢崎線東北自動車道が通じる。学生服作業服など被服の製造で知られたが,1970年代に工業団地が造成されてからは,電気機器,輸送用機器,一般機器が主力となっている。農村部は県の穀倉地帯で米,野菜を多産。58.64km2。5万6204人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はにゅう【羽生[市]】

埼玉県北東部の市。1954年市制。人口5万6035(1995)。利根川右岸の低地を占め,かつて利根川の乱流が最も激しかった地域のため自然堤防と河畔段丘の発達が顕著である。中世には埴生(はにゆう)荘があった。江戸期以来,自然堤防上でのワタ作と後背湿地での米作が行われてきたが,現在は米作のほか,ナス,キュウリなどの野菜栽培も盛んで,養豚は県下の中心地となっている。中心市街の羽生は4・9の日の六斎市に特産の木綿青縞(あおしま)を取引する市場町として発展,明治以降は青縞から転じた足袋と被服,いまでも学生服,作業服や下着類など各種の衣料生産の県内の中心地で,近年は大沼工業団地へ先端産業が立地した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報