コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老子化胡説 ろうしかこせつ Lǎo zǐ huà hú shuō

2件 の用語解説(老子化胡説の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろうしかこせつ【老子化胡説 Lǎo zǐ huà hú shuō】

中国において,仏教は老子が説いた教えであるという虚構の説。すなわち,西方の関所をこえて姿をかくしたと伝えられる老子は,実は胡地におもむいて性質のひねくれた胡人を教化するために仏教をはじめたのだといい,したがって仏陀は老子の変化身にほかならないと説かれる。166年の後漢の襄楷(じようかい)の上奏の一節に,〈老子は夷狄(いてき)に入りて浮屠(ふと)(仏陀)となる〉とあって,その萌芽がうかがわれるが,六朝時代以後,仏教にたいする道教の優位を主張するこの説は,排仏論の有力な武器となり,老子化胡を主題とする説話がさまざまに語られ,また《老子化胡経》とよばれる書物が制作された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

老子化胡説
ろうしけこせつ

老子がインドに行き、釈迦(しゃか)を教化したとか、釈迦は老子の生まれ変わりであるという説。「ろうしかこせつ」ともいう。この思想は中国の後漢(ごかん)末ころから道教徒によって説き始められたもので、六朝(りくちょう)から唐(とう)・宋(そう)の時代に広く流布した。この説の意図は、道教の祖とされている老子が、仏教の祖である釈迦の先生であるとか、釈迦の前身が老子であると説くことによって、道教のほうが仏教よりも優れた教えであることを主張するものである。老子がインドに行ったという話は、司馬遷(しばせん)の『史記』の老子伝に、老子が関の長官尹喜(いんき)に『道徳経』5000言を授けたのち立ち去ったまま行方知れずであるという記述に基づいて、実はその後、老子は西域(せいいき)を通ってインドに行ったという話につくりかえたものである。西晋(せいしん)時代には道士王浮(おうふ)によって『老子化胡経』1巻がつくられた。この経典は唐代には『明威化胡経(めいいけこきょう)』ともよばれた。唐代にはこのほかに、『正化内外経(しょうげないげきょう)』ともよばれる『老子化胡経』2巻や、北周時代から行われていた『老子消氷(しょうひょう)化胡経』1巻、あるいは開元(かいげん)年間(713~741)にマニ教徒によってつくられた『老子西昇(せいしょう)化胡経』1巻、もしくは十巻本の『老子化胡経』などが存在していた。『老子化胡経』はしばしば禁断に遭遇したが、種々に形を変えながら元代まで続いていた。元代には『太上混元(だいじょうこんげん)皇帝明威化胡成仏経(じょうぶつきょう)』4巻がある。ところが、元の1281年の禁断以後、『老子化胡経』は消失して、現在はただその抄本を残すのみである。[小林正美]
『福井康順著『道教の基礎的研究』「第三章 老子化胡経」(1952・書籍文物流通会) ▽吉岡義豊著『道教と仏教 第三』「第二節 老子化胡経の原初形態」(1976・国書刊行会) ▽楠山春樹著『老子伝説の研究』「第六章 化胡説話の諸相」(1979・創文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

老子化胡説の関連キーワード一乗顕教五時教遺教教法孔孟の教え仏説仏道経法西方の教え

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone