職務命令(読み)しょくむめいれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

職務命令
しょくむめいれい

行政組織上,公務員職務に関し上司部下の公務員に対して発する命令。文書によると口頭によるとを問わない。公務員は,適法な職務命令には忠実に従わなければならず (国家公務員法 98条1項,地方公務員法 32) ,これに違反すれば懲戒 (→懲戒処分 ) の対象となる。公務員を,その職務に関して個人として拘束するにとどまる点で,訓令と異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょくむめいれい【職務命令】

階統制をなした組織において上級者が下級者に対し,その職務の遂行のために発する命令をいう。職務命令という用語は主として公務員関係において用いられ,私的労働関係においては業務命令と呼ばれることが少なくないが,その本質的性格は同一である。いわゆる一般職の公務員は,現行法上,〈上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない〉とされている(国家公務員法98条1項,地方公務員法32条)。この場合の〈上司の職務上の命令〉が職務命令である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょくむめいれい【職務命令】

上司が部下の公務員の職務を指揮するために出す命令。原則として、拒むことができない。民間の組織の場合は業務命令と呼ばれることが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

職務命令
しょくむめいれい

上司が部下の公務員に対し、広くその職務に関して発する命令の総称。書面(訓令、通達)によると口頭(訓示)によるとを問わない。行政組織は上下の命令服従関係を構成しつつ一体となって行政目的を追求する関係にあるから、公務員は上司の適法な職務命令に服従する義務があるだけでなく、違法な職務命令にも服従しなければならない。ただし、犯罪となるような行為を命令するなど、その違法性が重大で明白な場合には無効なものとして服従を拒否することができるし、拒否しなければならないことはいうまでもない。なお、職務命令の効力は直接、抗告訴訟で争うことはできず、他の訴訟の前提問題として、たとえば職務命令不服従を理由とする懲戒処分の取消訴訟においてだけ争うことができる。[阿部泰隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しょくむ‐めいれい【職務命令】

〘名〙 上司が部下の公務員に対して職務を指揮するために発する命令。訓令・通達のほか、口頭によることもある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

職務命令の関連情報