コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職員会議 しょくいんかいぎ staff meeting

3件 の用語解説(職員会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

職員会議
しょくいんかいぎ
staff meeting

学校の管理運営上の問題を協議する組織。所属教職員を構成員とする。その機能には,(1) 学校内の諸問題を審議する。 (2) 教職員間の共通理解をはかる。 (3) 教育委員会からの通達などを教職員に伝達する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょくいん‐かいぎ〔シヨクヰンクワイギ〕【職員会議】

官公庁や小中高校などの職員が行う会議。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

職員会議
しょくいんかいぎ

学校運営を円滑に進めるため、学校に置かれる会議体。法令上の根拠に基づくものではなかったが、2000年(平成12)の学校教育法施行規則の改正により、「小学校には、設置者の定めるところにより、校長の職務の円滑な執行に資するため、職員会議を置くことができる」(48条)と規定されることとなった(39条、79条、104条、113条、135条において、幼稚園中学校高等学校中等教育学校および特別支援学校にも準用される)。職員会議はほとんどすべての学校に設けられ、学校としての意思決定に大きな役割を果たしている。この規則に規定されるまでの職員会議の位置づけについては、(1)最高意思決定機関説、(2)諮問機関説、(3)補助機関説の3説が対立してきたが、学校慣行としては、校長の諮問機関として機能していることが多かった。現在はほとんどの設置者の定めでは、校長の権限と責任を前提に、円滑な執行を補助する機関として位置づけられている。上記施行規則第48条の第2項により、職員会議は校長が主宰すると規定された。
 職員会議は、校長、教頭、教諭、事務職員等で構成され、学校運営にかかわる重要事項について協議し、教職員の意向をとりまとめる。校長は意思決定にあたって職員会議の意向に配慮するが、最終的な判断は校長の責任において行わなければならない。職員会議では、このほか校長の学校運営に関する方針の伝達、教職員おのおのの分掌事務の連絡や情報交換、学習指導・生活指導等に関する研修成果の交流等が行われるが、中心的な機能はやはり先述の協議機能である。その運用は、校長の方針や学校の実情によって一様ではないが、教職員の経営参加の重要な場であり、教職員すべてが積極的な関心をもって主体的に参加できるように配慮する必要がある。[下村哲夫・窪田眞二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

職員会議の関連キーワード目標管理学校医自治会生徒会時務策管理運営受託方式地域学校協議会国際酪農連盟県平和資料館の運営協議会自治会と地域協議会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

職員会議の関連情報