コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能取湖 のとろこ

7件 の用語解説(能取湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能取湖
のとろこ

北海道北東部,オホーツク海に面した潟湖。網走市に属する。面積 58.4km2。周囲 33km。最大水深 21.2m。東西両岸には丘陵が迫り,北岸は砂州でオホーツク海と境され,北東部に幅 100mほどの湖口がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のとろ‐こ【能取湖】

北海道北東部にある潟(せき)湖。オホーツク海とは砂州で区切られている。湖畔にアッケシソウの群落がある。富栄養湖アサリホタテガイなどの養殖漁業が行われている。周囲33キロメートル、面積約59平方キロメートル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

能取湖【のとろこ】

北海道網走市北西部の潟湖。オホーツク海に続き,西から延びた砂州のため湾口は狭く,楕円形をなす。面積58.20km2,最深23.1m。12〜4月結氷。アヤメ,ハマナス,アッケシソウが群生,網走国定公園に属する。
→関連項目網走[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

のとろこ【能取湖】

北海道北東部,網走市北部にある湖。東西を丘陵に囲まれ,北岸を湾口砂州によって封じられた潟湖で,北東端に1977年完成した永久湖口によりオホーツク海に通じる。面積58.4km2,周囲32km,最大深度23m,平均深度9m。かつては9~11月の激しい風波が運ぶ土砂で冬季に湖口が閉じられるため,春の融雪・融氷期に湖口を開く〈潮切り(砂切り)〉が行われた。湖内でカレイコマイなどの漁獲やホタテガイの養殖が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

のとろこ【能取湖】

北海道北東部、網走市にある潟せき湖。面積58平方キロメートル。湖の北東部が開口してオホーツク海に通じる。コマイ・ホタテガイなどを産し、北岸の砂州には原生花園がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕能取湖(のとろこ)


北海道北東部、オホーツク海沿いの能取岬南西にある潟湖(せきこ)。面積58.4km2。砂州東端で海と通じる汽水湖。マガレイやウグイなどを産し、カキ・ホタテガイの養殖が行われる。南東岸を埋め立て、工業用地が造成された。アッケシソウの群生地、ハマナスの原生花園で知られる。東岸を能取岬と結ぶ美岬(みさき)ラインが通じる。網走(あばしり)国定公園の一画をなす。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

能取湖
のとろこ

北海道東部、オホーツク海に面した潟湖(せきこ)。網走(あばしり)市に属す。東西を北見山地末端部の丘陵が囲み、西から延びた砂州によってオホーツク海と隔てられている。面積58.4平方キロメートル、周囲32キロメートル、最大水深23メートル。ほぼ円形で北東端で外海と通じている。かつては毎年秋の漂砂により開口部が閉ざされ、融雪期に人工的に開けていたが、1977年(昭和52)永久湖口が完工した。カレイ、コマイなどの漁獲があり、ホタテガイ、カキの養殖が行われる。網走国定公園の一部で、南西岸の卯原内(うばらない)付近にアッケシソウの群落(道指定天然記念物)があり、北岸の砂州には原生花園がある。南岸と西岸を国道238号が走っている。[岡本次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能取湖の関連キーワード北海道網走市桂町北海道網走市北一条西北海道網走市北五条西北海道網走市北二条西北海道網走市北八条西北海道網走市北浜北海道網走市北六条西北海道網走市潮見北海道網走市藻琴北海道網走市呼人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

能取湖の関連情報