コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脾(臓)機能亢進症 ひぞうきのうこうしんしょう Hypersplenism

1件 の用語解説(脾(臓)機能亢進症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ひぞうきのうこうしんしょう【脾(臓)機能亢進症 Hypersplenism】

[どんな病気か]
 血液をつくる骨髄(こつずい)のはたらきが亢進(こうしん)しているのに、貧血、白血球減少(はっけっきゅうげんしょう)、血小板減少(けっしょうばんげんしょう)といったさまざまな程度の血球の減少が存在し、脾臓(ひぞう)を摘出すると血球減少が改善される状態を、脾機能亢進症といいます。
 これは1つの病気をさすのではなく、いろいろな病気が原因でおこってくる症候群といえます。
 原因となる病気は、敗血症(はいけつしょう)、マラリアなどの感染症、サルコイドーシス慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう)、骨髄線維症(こつずいせんいしょう)などの血液の病気、肝硬変(かんこうへん)、門脈血栓症(もんみゃくけっせんしょう)、特発性門脈圧亢進症(とくはつせいもんみゃくあつこうしんしょう)など、いろいろなものがあります。
 また、透析(とうせき)中の腎不全(じんふぜん)の患者さんにもみられます。
[症状]
 原因となっている病気の症状のほかに、白血球の減少や血小板の減少などの程度に応じて、疲れやすいといった貧血の一般症状(貧血とはの「貧血の症状」)や、出血しやすくなるなどの症状が現われます。
[検査と診断]
 診断には、血液検査と、骨髄に針を刺し血液を採取して調べること(骨髄穿刺(こつずいせんし))が必要です。そして、触診などで、脾臓が腫(は)れていることを確認します。
[治療]
 脾臓を摘出するのが唯一の治療法ですが、この治療が必ず必要とはかぎりません。
 脾臓を摘出すべきかどうかは、血球減少の程度や、原因となっている病気の種類を検討して慎重に決定されます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

脾(臓)機能亢進症の関連キーワード骨髄恥骨骨髄移植時をつくる鬨をつくる何心地不死身プリマドンナ手をつくる骨髄バンクドナー

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone