コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腐植栄養湖 フショクエイヨウコ

4件 の用語解説(腐植栄養湖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふしょくえいよう‐こ〔フシヨクエイヤウ‐〕【腐植栄養湖】

湖沼型の一。多量の腐植質を含み、水色が褐色を帯びるもの。腐植質が栄養塩類を吸着し、プランクトンの生育を妨げる。高山や高緯度地方に多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

腐植栄養湖【ふしょくえいようこ】

湖沼型の一種。非調和型。腐植質に富み,これがイオンを吸着するために生物に役立つ栄養物質が少ない。沿岸植物はかなり発達することもあるが全体として生産は大きくない。
→関連項目酸栄養湖

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ふしょくえいようこ【腐植栄養湖】

湖沼の一型。水は多量の腐植質を含んで褐色を帯び、プランクトンの生育を妨げる。高山や北方の泥炭地に見られ、次第に高層湿原化する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腐植栄養湖
ふしょくえいようこ

湖水中に腐植質を多量に含む非調和型の湖。湖底は湖外から流入した腐植物による腐植泥(でい)で覆われ、薄茶色からコーヒー色の水色を示す。溶け込んだ有機酸により湖水は酸性となる。高山帯の森林中や高層湿原中には水素イオン濃度(pH)4~5の有機酸性の腐植栄養湖がみられる。電解質は一般に少ない。水中のフミン酸などの腐植質がコロイド状となり、リン酸などの栄養塩類を吸着し、植物プランクトンの成長を妨げる。したがって基礎生産力は低い。植物プランクトンはツヅミモの類が多いが、量は少ない。
 水生植物としては湖岸にスゲ、イ(イグサ)、ミツガシワ、ミズバショウなどが粗生し、ジュンサイ、オヒルムシロ、アサザなどの浮葉植物が繁茂することもある。動物プランクトンはミジンコ、赤色のヤマヒゲナガケンミジンコが多量に出現することがある。そのほかフサカ幼虫もみられるが魚類はまれにしか生息しない。寒冷な高緯度地域に多く、日本では高山の高層湿原中の池や北海道の平地の湖に多い。[沖野外輝夫]
『沖野外輝夫・半田暢彦ほか著『湖沼調査法』(1987・古今書院) ▽飯田貞夫著『やさしい陸水学――地下水・河川・湖沼の環境』(1997・文化書房博文社) ▽沖野外輝夫著『湖沼の生態学』(2002・共立出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腐植栄養湖の関連キーワード火山灰土湖沼型非調和比貧栄養湖富栄養湖腐植質非調和融解アンドソル非調和貫入非調和的接触

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone