コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腟トリコモナス症(トリコモナス腟炎) ちつとりこもなすしょうとりこもなすちつえんVaginal Trichomoniasis

家庭医学館の解説

ちつとりこもなすしょうとりこもなすちつえん【腟トリコモナス症(トリコモナス腟炎) Vaginal Trichomoniasis】

[どんな病気か]
 トリコモナスという原虫の感染によっておこる腟炎で、かゆみとおりもの(帯下(たいげ))の異常に気づいて病院を受診することの多い病気です。
 原因は、性行為による感染がほとんどです。したがって、セックスパートナーの検査・治療も必要となります。
[症状]
 泡沫(ほうまつ)状で淡黄色の漿液性帯下(しょうえきせいたいげ) (透明なおりもの)の増加と、腟カンジダ症(「腟カンジダ症(カンジダ腟炎)」)ほどではありませんが、掻痒感(そうようかん)(かゆみ)や外陰部(がいいんぶ)の発赤(ほっせき)(皮膚が赤くなる)がみられます。また、排尿痛などの膀胱炎(ぼうこうえん)に似た特徴的な症状もあります。
[検査と診断]
 腟内分泌物(ぶんぴつぶつ)を採取し、顕微鏡検査により鞭毛(べんもう)をもったトリコモナス原虫を検出するか、あるいは帯下や尿の培養(ばいよう)をすると、トリコモナスが発育しているのがみられます。
 腟細胞診(ちつさいぼうしん)でも、トリコモナス原虫と白血球(はっけっきゅう)の増加が確かめられます。
 また、子宮腟部や腟壁に、点状の出血斑(しゅっけつはん)がみられることも多くあります。
[治療]
 腟内以外に、尿路系にも感染していることが多いので、妊娠初期を除き(胎児(たいじ)に影響が出る危険があるため)、メトロニダゾール系の薬剤の内服が基本の治療方法となります。尿路系に感染がみられないときには、メトロニダゾール系の薬剤、またはチニダゾールの腟錠(ちつじょう)の使用も一般的に行なわれています。
 トリコモナス原虫は男性の尿や精液中にも存在しますので、セックスパートナーの治療も同時に行ない、禁欲もしくはコンドームの使用を義務づけることが、再発を防ぐうえでも重要です。
 また、淋菌(りんきん)やクラミジアとの混合感染にも注意を要します。
 男性の場合には、自覚症状が少ないため、薬を服用しないことが多くみられますので、十分に注意することが肝心です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

腟トリコモナス症(トリコモナス腟炎)の関連キーワード女性性器のしくみとはたらき帯下(こしけ/おりもの)寄生虫病の最近の動向

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android