コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腸管癒着症 ちょうかんゆちゃくしょうAdhesion of the Intestine

家庭医学館の解説

ちょうかんゆちゃくしょう【腸管癒着症 Adhesion of the Intestine】

[どんな病気か]
 腸管と腸管、あるいは腸管と腹膜(ふくまく)や大網(たいもう)が癒着したために通過障害がおこり、それによって腹痛などの自覚症状がみられるものです。
 腸管の癒着は、腸管のいちばん外側をおおっている漿膜(しょうまく)が外傷や炎症などで傷つけられ、その傷が治癒(ちゆ)する過程でおこります。開腹手術後は、多少とも癒着がみられるのがふつうです。
●どんな手術の後におこりやすいか
 あらゆる腹部手術の後におこるといえますが、なかでも多いのは虫垂炎(ちゅうすいえん)や胃・十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)の手術、婦人科手術など、悪性腫瘍(あくせいしゅよう)の手術よりも良性の手術の後に多くみられます。
 心配のないものが多いのですが、癒着で腸管が引っ張られたり、屈曲したりすると種々の障害がおこります。また、腸管癒着症には精神的な要素も関与していて、癒着の程度と症状とは必ずしも一致せず、ほとんど癒着がないのに強い症状を訴える人もいます。
[症状]
 おもな症状は腹痛で、ほかに悪心(おしん)、食欲不振腹部膨満感、腹部不快感などの不定愁訴(ふていしゅうそ)がみられます。さらに、不眠、不安感、全身の倦怠感(けんたいかん)などの神経的症状がみられることもあります。
 受診先は消化器外科ですが、診察は心療内科といっしょに行なうこともあります。
[検査と診断]
 腹腔鏡(ふくくうきょう)を使って腹腔内を観察して腸管癒着を直接診断します。ただし、造影剤を飲んだり肛門(こうもん)から注入してX線検査を行ない、腸管の屈曲(くっきょく)や異常走行がみられれば診断できる場合もあります。
 多くの場合、腹痛を主とする腹部の不定愁訴があるにもかかわらず、消化管、肝臓、胆嚢(たんのう)、膵臓(すいぞう)、尿路の疾患や婦人科疾患がなく、腹部手術や腹膜炎の既往(きおう)があるときに癒着が疑われます。
[治療]
 腸管癒着があってもすぐに再手術を行なうわけではありません。残渣(ざんさ)の少ない消化のよいものを摂取するか、絶食して十分な点滴を行ない、まず通過障害の改善をはかります。安易に癒着の剥離(はくり)手術を行なうと、再び癒着をひきおこし、何度も手術しなくてはならなくなる危険があるのです。しかし、腸閉塞を合併したときは別です。
 症状が軽い場合は、腸管運動調節薬やトランキライザーを服用します。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうかんゆちゃくしょう【腸管癒着症 intestinal adhesion】

胃,胆囊や大腸などの腹腔内手術のあとや虫垂炎などの腹膜炎の治癒後には多少とも腸管の癒着を残す。このような腸管の癒着があって,なんらかの症状を呈する状態を腸管癒着症という。大腸の癒着は小腸に比べて内腔も広く,解剖学的に固定されているので問題は少ないが,小腸の場合は重篤となることがある。癒着が著しくなると,内容物の通過も悪くなり腹痛,吐き気,嘔吐の原因となる。これらは暴飲暴食などが誘因となって癒着部に腸閉塞(イレウス)をおこすためであり,腸閉塞の原因としてはこの腸管癒着が最も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone