腺(漢字)

普及版 字通「腺(漢字)」の解説


常用漢字 13画

[字音] セン

[字形] 形声
声符は泉(せん)。泉を液汁の分泌するに用いたものであろう。医学の用語として作られた文字。〔中華大字典〕に「動物體中の皮の變性して液汁を泌するの處、日本の生理學家、之れを腺と謂ふ」とあり、わが国で作られた字であるが、中国でも用いる。

[訓義]
1. せん。

[熟語]
腺病
[下接語]
汗腺胸腺・頸腺・唾腺・乳腺・涙腺

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android