コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膀胱頸部硬化症 ぼうこうけいぶこうかしょう Bladder Neck Contracture

2件 の用語解説(膀胱頸部硬化症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぼうこうけいぶこうかしょう【膀胱頸部硬化症 Bladder Neck Contracture】

[どんな病気か]
 膀胱と尿道(にょうどう)の境目にある膀胱頸部というところが開きにくくなる病気とされています。しかし、どうしてそうなるのかなどは、いまだによくわかっていません。
 膀胱の出口が狭くなるため、排尿(はいにょう)障害がおもな症状ですが、前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)、前立腺(ぜんりつせん)がん、尿道狭窄(にょうどうきょうさく)、神経因性膀胱(しんけいいんせいぼうこう)など、原因が明らかな病気のどれでもないというときに、膀胱頸部硬化症と診断されます。
 膀胱頸部硬化症では、膀胱頸部の組織を調べても、なんら特徴的変化は見つかりません。
[症状]
 排尿困難、残尿感(ざんにょうかん)、尿線が細い、尿意が頻繁(ひんぱん)など、症状は前立腺肥大症によく似ていて、症状だけからみきわめることはできません。
 ほとんど男性にみられますが、ときに女性でも、慢性膀胱頸部炎などのため、膀胱頸部に慢性の刺激が加わり、同様の症状がみられることがあります。
[治療]
 保存的治療としては、膀胱頸部の緊張をとる目的で、交感神経遮断薬(しゃだんやく)(α(アルファ)遮断薬)を使用する方法、膀胱頸部を広げることのできるチューブ状の器具を用いる尿道ブジー療法などがあります。
 手術療法としては、尿道から内視鏡を挿入して、膀胱頸部を切開または切除する方法(経尿道的膀胱頸部切開・切除術)があります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

膀胱頸部硬化症
ぼうこうけいぶこうかしょう

慢性の排尿困難があるが、神経障害や尿道の通過障害も証明されない状態で排尿時に膀胱頸部(膀胱から尿道に至る部分)の開き方が不十分な疾患群を総称する。その原因および本体については議論が多く、自覚症状も複雑である。原因としては、膀胱頸部組織の硬化および肥大があげられている。小児では先天的に頸部の肥厚、線維筋性柵(さく)状物の存在、弁形成などが多くみられる。成人では慢性前立腺(せん)炎や慢性膀胱炎に伴う頸部の線維性増殖によるものが多い。症状は頻尿などから始まり、排尿困難より尿閉に至ることがある。しばしば尿路感染症や結石を合併し、小児では水腎(すいじん)症、腎機能障害までおこす場合がある。膀胱頸部の強い硬化、狭窄(きょうさく)、柵形成などに対しては手術が必要である。[土田正義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膀胱頸部硬化症の関連キーワード細菌尿導尿尿道尿道炎尿閉膀胱結石何心地尿路泌尿器尿道瘤

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone