コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自己エネルギー じこエネルギーself-energy

3件 の用語解説(自己エネルギーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自己エネルギー
じこエネルギー
self-energy

粒子と粒子自身のつくった場との相互作用の結果生じるエネルギー。古典電磁気学によれば電荷 q で一様に帯電した半径 R の球は 3q2/5R静電エネルギーをもつ。これは自己エネルギーの一例である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じこエネルギー【自己エネルギー self‐energy】

素粒子の間には力が働き,これによってポテンシャルエネルギーを生ずるが,素粒子が1個だけ存在するときでも,自分自身あるいは周囲の場との相互作用によってエネルギーをもつ。この単独の素粒子が相互作用の結果としてもつエネルギーを自己エネルギーという。質量とエネルギーは同等であるから,自己エネルギーは粒子の質量を変化させることになる。場の理論によれば電子は光子を仮に放出し,直ちにそれを吸収するという過程を繰り返すことにより,また核子はπ中間子を放出,再吸収することにより自己エネルギーをもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自己エネルギー
じこえねるぎー

場の量子論によれば、一つの素粒子は自分自身や他の素粒子との相互作用によって付加的なエネルギーを生じ、あたかもその素粒子の質量が(相互作用のない場合と比べて)変化したようにみえる。この付加的なエネルギーを自己エネルギーとよぶ。たとえば電子の質量は、電磁場(光子)との相互作用で生ずる自己エネルギーによる部分(電磁的質量)とそれ以外の部分(裸の質量)とを加え合わせたものである。しかし、素粒子の質量を測定するときには、自己エネルギーによる部分を他の部分から分離して測定することはできない。しかも自己エネルギーを計算すると無限大となってしまう場合があり、場の量子論不完全さの一例とみられてきた。
 しかし、朝永(ともなが)振一郎とJ・シュウィンガーの「くりこみ理論」によれば、相互作用の種類によっては、この無限大の量を理論のなかから引き去って有限確定の計算結果を求めることが可能な場合がある。電子と電磁場の相互作用、あるいはこれを弱い相互作用を含めて一般化した弱電磁相互作用、量子色力学で記述される強い相互作用など素粒子間の基本的相互作用は「くりこみ可能」な理論である。固体の中の電子は結晶格子との相互作用によってある種の自己エネルギーをもつので、これを元の質量に加えて固体内電子の有効質量という。原子核中の核子についても自由な核子と異なる質量を定義する場合があり、これも核子が原子核内でもつ自己エネルギーの効果である。[牧 二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone