コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由円 じゆうえんfree yen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由円
じゆうえん
free yen

ドルやポンドなどの国際通貨と自由に交換できる円 convertible yenのこと。日本では 1960年7月より非居住者に対し自由円勘定 free yen accountを設置することを認めた。それにより非居住者が日本の外国為替銀行に設けた円預金勘定のことで,その残高はいつでも自由に外貨に交換できることから交換可能円とも呼ばれていた。 80年 12月に外国為替及び外国貿易管理法 (外為法) が改正されてからは,平時にも円の外貨交換性が認められ,外国への支払いが原則自由となったため,自由円は存在意義を失い,現在は非居住者円勘定と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゆう‐えん〔ジイウヱン〕【自由円】

対外取引を原則禁止としていた旧外為法(外国為替及び外国貿易管理法)のもとで、外貨と自由に交換できた円。昭和35年(1960)為替自由化の一環として設けられたもので、非居住者(外国人)が合法的に得た円を日本の外国為替公認銀行に預金している自由円勘定に限って認められていた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

自由円【じゆうえん】

外貨に自由に交換できる交換可能円のこと。非居住者(外国に住んでいる日本人や日本法人の外国支店など)が日本へ送ってきた外貨を替えた円など。1960年7月に設けられた非居住者自由円勘定制度により外国為替公認銀行に開設した勘定に入れられ,外国への送金の場合にもとの外貨に交換できた(1977年廃止)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゆうえん【自由円 free yen】

1980年12月施行の改正以前の旧外国為替管理法(外国為替及び外国貿易管理法)のもとで,非居住者が保有する円のうち,米ドルや英ポンドなどの外貨に自由な交換が認められる円を自由円,またその預金勘定を非居住者自由円勘定と呼んだ。1960年7月,為替自由化の一環として設けられた。この自由円勘定に対し,旧外国為替管理令5条に基づき,勘定残高の一部について外貨への交換が認められる〈5条円〉という非居住者円勘定がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自由円
じゆうえん

外貨に自由に交換できる円、つまり交換可能円のこと。わが国では為替(かわせ)自由化の一環として、1960年(昭和35)7月1日から外国人(非居住者)に自由円勘定を開設することを認めた。この非居住者自由円勘定に入金が認められる円は、非居住者が外貨を為替銀行に売却して得た円、ならびに外貨決済が認められた取引に伴って非居住者が外貨受領のかわりに受領した円である。この措置により円は対外決済に使用できる指定通貨となり、円為替導入への道が開かれた。すなわち、非居住者は日本の外国為替公認銀行に自由円勘定を開設し、輸出入取引などの実需に円為替を使用できるほか、裁定取引などの金融取引にも円為替を利用できるようになった。なお、非居住者自由円勘定は、1980年12月の「外国為替及び外国貿易管理法」の改正とともに非居住者円勘定に一本化され、円の国際化の進展が図られた。[土屋六郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

自由円の関連キーワード貿易・為替の自由化クリーン・ローンガイド・ライン円の国際化円転換規制預金準備率通貨交換性円為替暗号

自由円の関連情報