臭素酸カリウム(読み)しゅうそさんカリウム(英語表記)potassium bromate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臭素酸カリウム
しゅうそさんカリウム
potassium bromate

化学式 KBrO3 。無色の三方晶系の結晶。比重 3.27,融点約 350℃。約 370℃で分解し,酸素を発生する。水に可溶アルコール不溶。小麦粉用脱色剤,分析試薬,酸化剤として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうそさんカリウム【臭素酸カリウム potassium bromate】

化学式KBrO3。無色三方晶系の結晶。融点370℃(分解を伴う),比重3.27(17.5℃)。水100gへの溶解度3.11g(0℃),49.75g(100℃)。エチルアルコールに難溶,アセトンに不溶。融点以上でしだいに酸素を放って分解し,臭化カリウムに変化する。水溶液は強い酸化剤で臭素酸塩滴定に用いられ,容易に再結晶できるため,酸化還元滴定における標準物質となる。水酸化カリウムの水溶液に臭素を加え,煮沸したのち冷却し,分別結晶によって,副生した臭化カリウムを分離したのち,水溶液から再結晶して製する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臭素酸カリウム
しゅうそさんかりうむ
potassium bromate

臭素酸のカリウム塩。水酸化カリウムの熱溶液に臭素を溶解すると、次の反応によって生成する。
  6KOH+3Br2 ―→KBrO3+5KBr+3H2O
冷却して、分別結晶により副生した臭化カリウムを分離する。無色の結晶で、融点以上で酸素と臭化カリウムとに分解する。水に溶けるが、エタノール(エチルアルコール)には溶けにくい。強力な酸化剤で、分析試薬として重要である。すなわち、その水溶液は臭素酸塩滴定、臭素化滴定の標準溶液となるほか、チオ硫酸塩溶液の標定にも用いられる。[鳥居泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例