コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芍薬甘草湯 しゃくやくかんぞうとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

しゃくやくかんぞうとう【芍薬甘草湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)芍薬甘草の2種類を含む。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などに処方が示されている。胃けいれんのほか、胆石(たんせき)腎臓結石尿路結石膀胱(ぼうこう)結石などの痛みに用い、急激な筋肉のけいれんをともなうとき、とくに有効とされる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)

漢方薬のひとつ。胃痛、筋肉の痙攣による疼痛などの症状に処方される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android