花が咲く(読み)ハナガサク

デジタル大辞泉の解説

花(はな)が咲・く

時節がきて栄える。「いつか―・く日もくるだろう」
それからそれへと、にぎやかに続く。「昔話に―・く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はながさく【花が咲く】

植物の花が開く。開花する。
盛んになる。にぎやかになる。 「思い出話に-・く」
時期が来て栄える。 「人生に-・く」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の花が咲くの言及

【つめ(爪)】より

…爪甲に気泡を含んで白斑や白線を生ずることがある。とくに成人女性に見られ,〈花が咲く〉などといわれて,幸福をもたらすと喜ぶ人々もいる。 《涅槃経(ねはんぎよう)》に〈爪長破戒之相〉とあるが,かつてインド,中国,インドネシアその他,日本の一部にも長づめの風習があり,数cmはざらで,なかには40cm以上もつめを伸ばしている例もあったという。…

※「花が咲く」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花が咲くの関連情報