コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花冷え ハナビエ

デジタル大辞泉の解説

はな‐びえ【花冷え】

桜が咲くころの、一時的な冷え込み。 春》「―や剝落しるき襖(ふすま)の絵/秋桜子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

花冷え【はなびえ】

サクラの咲く時期の寒さ。4月には暖かさが支配的となるが,ときには高緯度地方から冷たい空気をもった高気圧が南下して低温となる。南関東に雪の降ることもある。東京地方では,4月6日,23日ごろが低温の特異日

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はなびえ【花冷え】

桜が咲く頃、陽気が定まらず、一時的に寒くなること。また、その寒さ。 [季] 春。 《 -の闇にあらはれ篝守 /高野素十 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の花冷えの言及

【日本列島】より

…天気の言葉には,〈風〉と〈雨〉の両方の意味をもつものが多い。 花冷えサクラの花の咲くころに急に気温が低くなる現象をいい,寒冷前線通過後の寒気や北東気流による冷気などが侵入すると起こりやすい。 花曇りサクラの花の咲くころ,空一面ねずみ色に見える曇天をいう。…

※「花冷え」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

花冷えの関連キーワード久保田 万太郎くちゃくちゃ久保田万太郎里見浩太朗田中冬二西東三鬼高野素十寒の戻りサクラ

花冷えの関連情報