寒さ(読み)さむさ

精選版 日本国語大辞典「寒さ」の解説

さむ‐さ【寒さ】

〘名〙 (形容詞「さむい」の語幹接尾語「さ」の付いたもの)
① 寒いこと。また、その度合。さぶさ。《季・冬》
古今(905‐914)物名・四三二「秋はきぬ今やまがきのきりぎりす夜な夜な鳴かむ風のさむさに〈よみ人しらず〉」
② 冷酷さ。つめたさ。
※海潮音(1905)〈上田敏訳〉瞻望「矢表に立ち楽世(うましよ)の寒冷(サムサ)、苦痛(くるしみ)暗黒(くらやみ)のあまり捧げてむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「寒さ」の解説

さむ‐さ【寒さ】

寒いこと。また、その程度。 冬》「書を売って書斎のすきし―哉/露伴」⇔暑さ
[類語]寒気かんき寒気さむけ寒波寒冷酷寒極寒厳寒寒い肌寒い薄ら寒い寒寒深深凜凜冷え込むうそ寒い余寒春寒はるさむ春寒しゅんかん寒の戻り冴え返る夜寒冷える底冷え花冷え梅雨寒梅雨冷え

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android