コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒の戻り かんのもどり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寒の戻り
かんのもどり

立春以降のさのぶり返しは気温の上昇の時期であるが,ときに冬型気圧配置(→西高東低の気圧型)になるなど,寒気がぶり返すことがある。寒戻り,さえ返る,寒返る,早春寒波などともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐の‐もどり【寒の戻り】

晩春のころ、一時的に寒さがぶり返すこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

寒の戻り【かんのもどり】

春になってからぶり返す寒さ。余寒同義。多くは,日本海低気圧南風が吹いたあと,再び寒冷前線が来て北風とともに気温が急降下するもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

寒の戻り

春、気温の上がる時期に突然やってくる寒さ。桜の花の咲く頃の冷え込み花冷え、五月下旬に北海道でリラの花咲く頃の肌寒さがリラ冷え

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

かんのもどり【寒の戻り】

春になってから、一時的に寒さがぶり返すこと。寒返り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の寒の戻りの言及

【特異日】より

…日本では,もとはこれを異常日といった。日本でも古くから寒の戻り,八十八夜(5月2~3日ころ)の別れ霜など,このような日があることは気づかれていた。表にあげたものは,おもな特異日の例である。…

【日本列島】より

…日本列島は,太平洋を縁どり帯状の地域をつくる環太平洋地帯に属し,アジア大陸の東縁に分布する花綵(かさい)列島の一部を構成する。国土の主要部である本州,北海道,四国,九州は,互いに連接して日本列島の弧をつくり,全体としては南北に細長く続き,南東にふくらんだ形の島列を示す。北海道の渡島(おしま)半島,本州,四国,九州の山地の配列からその北半は東北日本弧,西半は西南日本弧の二つの島弧が会合したものと解釈されている。…

※「寒の戻り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寒の戻りの関連キーワード寒候期予報天気俚諺比良八荒特異日晩春

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寒の戻りの関連情報