コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒い サブイ

デジタル大辞泉の解説

さぶ・い【寒い】

[形][文]さぶ・し[ク]さむい」の音変化。
「それでもお前―・かろうではないか」〈一葉・わかれ道〉

さむ・い【寒い】

[形][文]さむ・し[ク]
温度の低さを不快に感じる。また、そう感じるほど温度が低い。「セーターを着ないと―・い」「冬の―・い朝」 冬》「塩鯛の歯ぐきも―・し魚の店/芭蕉」⇔暑い
恐ろしさなどで震え上がる。「心胆を―・からしめる」「背筋が―・くなる」
むなしくて寂しい気持ちになる。「冷酷な言葉を聞いて心が―・くなった」
内容や中味が貧弱である。貧しい。みすぼらしい。現在では多く「おさむい」の形で使われる。「報告書というにはお―・い内容だ」→お寒い
まったく面白くない。「―・いジョーク」
金銭が不足している。「懐(ふところ)が―・い」⇔暖かい
[派生]さむがる[動ラ五]さむげ[形動]さむさ[名]
[下接句]心胆を寒からしめる懐(ふところ)が寒い唇亡びて歯寒し賢者ひだるし伊達(だて)寒し氷は水より出(い)でて水よりも寒し

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さぶい【寒い】

( 形 )
〔「さむい」の転〕
さむい(寒) 」に同じ。 「今朝はめつぽふ-・いなあ/滑稽本・浮世風呂

さむい【寒い】

( 形 ) [文] ク さむ・し
気温が低くて不快な感じがする。体が冷えてあたたまりたい感じがする。さぶい。 ↔ 暑い 「今朝は-・い」 「夏は暑く、冬は-・い」
比喩的に用いる。
恐ろしさにぞっとする。 「背筋が-・くなる」
満たされない、ひえびえとした気持ちだ。 「心が-・い」
(多く「おさむい」の形で)貧弱で見劣りがする。 「お-・い計画書」
全くつまらない。 「 - ・いギャグ」
経済的に貧しい。 「懐ふところが-・い」 「この-・い装なりで郭へは行けぬ/浄瑠璃・阿波の鳴門」 〔形容詞の「寒い」は話者の体の感覚を言い、「冷たい」は話者の外にあるものの属性(温度が低い)を言う。「寒い」は体全体で感じる場合で「冷たい」は体の一部で感じる場合だとする説もあるが、冬に屋外プールに飛び込んだ場合でも、「プールの水は寒かった」とは言えないから、誤りである。「寒い」も「冷たい」も、対義語はともに「あつい」であるが、「暑い」「熱い」と書き分ける〕 → お寒い
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

寒いの関連キーワード寒季・寒期伊達の薄着懐が寂しい一夜豆腐コールド薄ら寒いうそ寒い浮世風呂痩せ我慢駆け競凍て空凝り鮒寒漬け底寒い温冷感風立つ冷寒朝間霜夜心胆

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寒いの関連情報