コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連獅子 れんじし

5件 の用語解説(連獅子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連獅子
れんじし

(1) 能『石橋 (しゃっきょう) 』の小書 (こがき) 。宝生流,金春流,喜多流にある。後ジテが赤頭 (あかがしら) の一人獅子から白頭と赤頭の親子獅子に変り,白頭は荘重に,赤頭は活発な舞を見せる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

れんじし【連獅子】

歌舞伎舞踊。長唄。河竹黙阿弥作詞。能「石橋(しゃっきょう)」の小書(こがき)にある白頭と赤頭の親子の獅子の舞を歌舞伎に移したもの。2世杵屋勝三郎作曲の通称「馬場連」と3世杵屋正次郎作曲の通称「瀬戸連」の2種があり、後者の改訂版が主流。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

れんじし【連獅子】

(1)能《石橋(しやつきよう)》の小書(こがき)(変型演出の名)。観世流は〈大獅子(おおじし)〉と称する。常の演出では後ジテの獅子の役は1人で,赤頭(あかがしら)を着けるが,この小書の演出では,白頭の獅子(シテ)と赤頭の獅子(ツレ)が相舞(あいまい)をする。ツレの数は,流派によって2人または3人とする演出もある。なお前ジテは,一般に童子とするのが普通の演出だが,老人とする演出もあって,それをこの小書のときのきまりとする流派もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

れんじし【連獅子】

歌舞伎舞踊の一。長唄。河竹黙阿弥作詞。二世杵屋勝三郎作曲と三世杵屋正次郎作曲の二種があり、後者の上演が多い。能の「石橋しやつきよう」を舞踊化したものの一つで、親子の獅子の狂いを見せる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

連獅子
れんじし

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)。河竹黙阿弥(もくあみ)作。能『石橋(しゃっきょう)』の替(かわり)の型からの名称で、1861年(文久1)5月、2世杵屋勝三郎(きねやかつさぶろう)が作曲、初世花柳寿輔(はなやぎじゅすけ)が子芳次郎(よしじろう)の名披露目(なびろめ)に振付けして、素踊りで演じたのが最初。これを増補し、3世杵屋正治郎(しょうじろう)が作曲し直して72年(明治5)5月、東京・村山座で上演。前者を「勝三郎連獅子」、後者を「正治郎連獅子」といい、これをさらに1901年(明治34)2月、東京座で市川猿之助(2世段四郎)と市川染五郎(7世松本幸四郎)が上演したとき、竹柴晋吉(たけしばしんきち)の加筆により、松羽目(まつばめ)物としての現行の形式が定まった。親獅子が訓練のため子獅子を谷へ突き落とすという比喩(ひゆ)をテーマにしたもので、初め手獅子を持った狂言師2人が踊り、のちに能装束の親子の獅子で勇壮なクルイを見せる。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の連獅子の言及

【石橋】より

…しばしば半能として後半だけを演じるが,荘厳重厚なクセと,華麗豪快な舞とが対照的に演じられてこそ,この能の真価が発揮される。獅子は赤頭(あかがしら)を着けるが,〈連獅子(れんじし)〉〈大獅子(おおじし)〉などの変型の演出では,白頭と赤頭の獅子が相舞(あいまい)をする。前ジテは童子が本来だが,老人で演ずるやり方もある。…

※「連獅子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

連獅子の関連キーワード小書院五番目物もやつき石橋山石橋山の合戦つきよつきよのかいじゅうマツキヨ清瀬宮継津江月良

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

連獅子の関連情報