連獅子(読み)れんじし

  • (通称)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

(1) 石橋 (しゃっきょう) 』の小書 (こがき) 。宝生流,金春流,喜多流にある。後ジテ赤頭 (あかがしら) の一人獅子から白頭と赤頭の親子獅子に変り,白頭は荘重に,赤頭は活発なを見せる。 (2) 歌舞伎舞踊曲。長唄。『勝三郎連獅子』と『正治郎連獅子』の2つがある。前者は文久1 (1861) 年,花柳芳次郎の襲名披露の際に初演。河竹黙阿弥作,2世杵屋勝三郎作曲,1世花柳寿輔振付。『馬場連』ともいう。後者は明治5 (72) 年,東京村山座で5世坂東彦三郎,6世沢村訥子により初演。同じく黙阿弥作で,3世杵屋正次郎作曲。『瀬戸連』ともいわれる。 (1) を歌舞伎化した松羽目物。前シテは手獅子を持った狂言師 (能師) で,後ジテは本行どおりの親子獅子になり,勇壮に毛を振ってみせる。親子の情愛をテーマにした曲で,実際の親子の演者によって踊られることも多い。つなぎの間 (あい) 狂言には『宗論』が演じられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

(1)能《石橋(しやつきよう)》の小書(こがき)(変型演出の名)。観世流は〈大獅子(おおじし)〉と称する。の演出では後ジテの獅子の役は1人で,赤頭(あかがしら)を着けるが,この小書の演出では,白頭の獅子(シテ)と赤頭の獅子(ツレ)が相舞(あいまい)をする。ツレの数は,流派によって2人または3人とする演出もある。なお前ジテは,一般に童子とするのが普通の演出だが,老人とする演出もあって,それをこの小書のときのきまりとする流派もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)。河竹黙阿弥(もくあみ)作。能『石橋(しゃっきょう)』の替(かわり)の型からの名称で、1861年(文久1)5月、2世杵屋勝三郎(きねやかつさぶろう)が作曲、初世花柳寿輔(はなやぎじゅすけ)が子芳次郎(よしじろう)の名披露目(なびろめ)に振付けして、素踊りで演じたのが最初。これを増補し、3世杵屋正治郎(しょうじろう)が作曲し直して72年(明治5)5月、東京・村山座で上演。前者を「勝三郎連獅子」、後者を「正治郎連獅子」といい、これをさらに1901年(明治34)2月、東京座で市川猿之助(2世段四郎)と市川染五郎(7世松本幸四郎)が上演したとき、竹柴晋吉(たけしばしんきち)の加筆により、松羽目(まつばめ)物としての現行の形式が定まった。親獅子が訓練のため子獅子を谷へ突き落とすという比喩(ひゆ)をテーマにしたもので、初め手獅子を持った狂言師2人が踊り、のちに能装束の親子の獅子で勇壮なクルイを見せる。

[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 親子連れの獅子。
※長唄・連獅子(1861)「虎豹に劣らぬ連獅子(レンジシ)の、戯れ遊ぶ石の橋」
[2] 歌舞伎所作事。長唄。能「石橋(しゃっきょう)」の小書からきた親子の獅子の踊り。
(1)河竹黙阿彌作詞。二世杵屋勝三郎作曲。文久元年(一八六一)初演。初世花柳寿輔・芳次郎父子が演じ、「馬場連」とも呼ばれる。
(2)三世杵屋正次郎作曲。花柳寿輔振付。歌詞は(1)を黙阿彌自身が改修。明治五年(一八七二)東京村山座初演。「瀬戸連」とも呼ばれ、これに改訂を加えたものが、今日最も多く演じられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
新曲連獅子
初演
明治5.7(東京・村山座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

世界大百科事典内の連獅子の言及

【石橋】より

…しばしば半能として後半だけを演じるが,荘厳重厚なクセと,華麗豪快な舞とが対照的に演じられてこそ,この能の真価が発揮される。獅子は赤頭(あかがしら)を着けるが,〈連獅子(れんじし)〉〈大獅子(おおじし)〉などの変型の演出では,白頭と赤頭の獅子が相舞(あいまい)をする。前ジテは童子が本来だが,老人で演ずるやり方もある。…

※「連獅子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連獅子の関連情報