苫前[町](読み)とままえ

百科事典マイペディアの解説

苫前[町]【とままえ】

北海道苫前郡の町。日本海に面する海岸は平地,東部奥地は山岳地帯。中心集落はニシンを追って北上した漁民によって江戸時代末に生まれた漁村で,明治30年代にニシン漁の最盛期を迎えた。農業は米作のほか,酪農が盛ん。漁業では,カレイ,タコ,イカ,ホタテなどを漁獲。林業も行う。454.60km2。3656人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とままえ【苫前[町]】

北海道北西部,留萌(るもい)支庁苫前郡の町。人口4868(1995)。地名はアイヌ語の〈トマ・オ・マイ〉(エゾエンゴサクの花がたくさんあるところ)に由来する。1787年(天明7)松前藩の特権商人の栖原(すはら)家が苫前場所の経営を請け負い,運上屋を設けて以来,ニシンを追って北上した漁民も増え,安政年間(1854‐60)に漁村が成立し,明治30年代にはニシン漁の全盛期を迎えた。内陸部の開拓は1896年香川・三重両県からの団体移民の入植以後に本格化した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android