苫小牧(市)(読み)とまこまい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

苫小牧(市)
とまこまい

北海道南西部、太平洋に面した工業都市。1948年(昭和23)市制施行。市名はアイヌ語マコマイ(山奥に入っていく川の意)、ト・マコマイ(沼のマコマイの意)などによる。JR室蘭(むろらん)本線と日高(ひだか)本線・千歳(ちとせ)線、国道36号と234号、235号の分岐点にあたり、276号、道央自動車道も通じる。
 勇払(ゆうふつ)平野の一端に位置し、火山灰と泥炭の土壌、浜堤(ひんてい)列が続く土地条件の悪い地であった。江戸時代には勇払会所が置かれ、八王子千人同心による開拓が試みられたが失敗に帰したという。1910年(明治43)王子製紙の工場が立地したのは、樽前山麓(たるまえさんろく)の森林資源、苫小牧川の清流、千歳川の発電、室蘭本線の交通の便によるものであるが、さらに1943年(昭和18)勇払に国策パルプ(現、日本製紙)の工場ができ、以来、紙と木材関連の単一工業の町として知られるようになった。1951年北海道総合開発計画の一環として、日本で最初の掘込み式の苫小牧工業港(苫小牧港)の造成が始まり、1972年完成、1981年特定重要港湾の指定を受けた(2011年、港湾法改正により、国際拠点港湾に変更)。苫小牧西港の臨海部に苫小牧西部工業地域が形成され、アルミ、石油精製、電力、自動車、化学、食品などの工場が集中し、市は従来の製紙・木材中心から総合工業地の様相を呈するようになった。一方、苫小牧港では、石炭・紙の移出、原木・自動車・セメントの移入が行われ、仙台・東京などを結ぶフェリー輸送もあり、商港としても室蘭市と競合するようになった。
 1969年の計画案決定以来、当市東部から厚真(あつま)町、安平(あびら)町にかかる苫小牧東部開発計画(苫東工業地域)が設定されて、1980年以降、厚真町に苫東厚真発電所や苫東コールセンターが立地し、その背後の原野に石油備蓄基地の巨大なタンクが並び、自動車および同関連工業、機械、金属、化学、流通などの企業が進出した。苫小牧東港は1980年供用開始された。苫東開発は、苫小牧東港と新千歳空港に隣接した臨海・臨空型の国家プロジェクトによる地域開発として期待されたが、1970年代の石油危機や1990年代の景気低迷などにより期待通りには進んでいない。
 西部の樽前山は支笏洞爺(しこつとうや)国立公園域の火山。また、勇払平野の一端に広がるウトナイ湖は、水鳥たちの楽園となっている。「ウトナイ」とは、アイヌ語で「小さな川の流れが集まるところ」という意味で、この湖には美々(びび)川などが清流を注ぎ、湖の周辺には原野や湿原が広がる。1991年(平成3)には、日本で4番目にラムサール条約登録湿地となった。面積561.49平方キロメートル(一部境界未定)、人口17万3320(2010)。[奈良部理]
『『苫小牧市史』全5巻(1976・苫小牧市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苫小牧(市)の関連情報